読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

関係性の中でしか自分は見えない

『他人が存在してこその自分』

 

そんな中学の国語の教科書ですら言われる言葉を敢えて取り上げたいと思います。

 

他人が存在しているからこそ、自分の存在を認識できる。他人という概念が存在しなければ、自分という概念すら存在しない。

 

そんな至極当然の事実だけど、日々の生活を過ごしている内にその周知の事実が意識の外に放り出されてしまいます。

 

当然のことを当然のように行う、というのは案外難しいもの。挨拶然り、締切然り、1度習慣から離れてしまうと元に戻すのは難しい。

 

そんな当然の中でも、この『他人が存在してこそ、自分が存在する』という事実は抽象度が高く、行動にすぐ反映できるものではないが、重要性は最も高いものだ。

 

この事実をどう解釈するのかは人それぞれだと思う。一般的には『だから、人に感謝しなさい』という主張に持ち込むのかもしれない。

 

でも今日はどちらかというとそうではなく、『だから、自分を知るために相手を使え』

という感謝の欠片もない主張をしたい。

 

職業柄、『私は何がしたいんでしょう』とか『僕はどんな人なんでしょう』等の質問を受けることが多い。

 

そのような自分探しをしたい場合、私が伝えてるのは

『他人に会って、話をしましょう。

   そして他人を知りましょう』

ということです。

 

他人を知れば、結果的に自分が分かってくる。

「この部分自分と似てる」とか「この人がやってること良いな」とか。

自然と自分の好きなこととか、嫌いなこと、性格や価値観などが見えてくる。

 

そんな自分探しのために、インドに行く必要なんてありません。

今所属している人以外に世の中には色んな人がいるので、色んな人に会ってみたらどうでしょう、というお話です。

 

以上

正解求めすぎじゃね?

f:id:takahashi-kobe-2013:20161124144240j:plain

 

なんとなく思いついたタイトルを書きました

昨日ぐらいからこの言葉が頭から離れなかったんですよね

 

それに関連して、今日は普段考えていることを思考整理として考えてみたいと思います。

 

 

納得の仕方の正解なんて存在しないだろう

 

僕は仕事柄(?)学生の方とコミュニケーションを取ることが多いんですね。

特に就職活動生と言われる学生です。

 

そうすると「どうしたらいいっすかね?」みたいな抽象的な質問が散見します。

「どうしたら就活上手く出来ますかね?」とか「なんで受からないんですかね?」みたいな

 

答えますよ。いや答えます。

僕ができるベストを尽くして、答えるんです。

だけど、常々思うのはあくまでそれは一回答だと、決して解答ではないと。

いや正解じゃねぇよと

 

本来なら自分で考えようよ。正解求めるな

自分である程度仮説を持ってきてよ、みたいに思うんですよね。

全員が全員考えてきてないわけではないですよ。

ただ考えてきてないのが多いし、正解を求める人が多すぎる。

 

正解なんかないですよ。

正解の定義は「誰もが納得出来る答え」「客観性のある答え」だとしたら、

就職活動においてはそんな「正解」はありえない

 

自分が納得する企業を見つけて、就職することが就職活動の最終目標だとしよう。

そうだとしたら、「納得するかどうか」はその人次第でしょう。

 

納得の仕方は人それぞれでしょうに。

明日納得する人もいるし、一生納得できずに就職できない人もいる。

「こうしたら納得できるよ」みたいなことは分かるわけがありません。

分かる範囲でアドバイスはしますが、それは1アドバイスでしかないんですよ。

 

なので、就職活動やなにか決断しようとしている人に言いたいのは、

最終的に決断するのは自分だ、ということを意識してもらいたいですね。

決して「権威のある人が言ったから」とか決断を誰かに委ねないように。

結局それはその結果起こる責任をその人にしてるだけで、自分では決断してないですから。

 

 

変われないのは環境のせいかもしれない

f:id:takahashi-kobe-2013:20161124001118j:plain

 

前回のエントリーで本田選手の記事を書きました。

紹介した本には「変わるかどうか自分次第」という話でしたが、今回は180度転換して

「変われないのは環境のせいじゃないか」ということで書いてみたいと思います。

 

 

もちろん環境だけではない

 

タイトルだけ見ると、凄いゆとり丸出しの他責思考なのですね(笑)

まぁそれは置いておいて、

 

「変われない」

 

この問題は結構の人が持っていると思います。

仕事や学校で失敗し怒られ反省し、「今度からは気をつけよう!」と意識したものの、数週間経つとまた同じ失敗。

「こういう人になろう」と思って強い決意をしたものの、1週間も経てば1週間前の自分に元通り。

 

こんなことザラです。起こって当然です。

というのも、人間の脳ないし身体はホメオスタシス(生体恒常性)といって、現状を維持しようとする働きが備わっているからです。

例えば、チョコレートケーキのような甘い物を食べたとしましょう。その時、あなたの血糖値は当然上がります。その時脳はインスリンを出して血糖値を下げようとします。これはホメオスタシスの1つです。

同じように精神面でも「こうしよう!」と決心して、今までと違うことをしようとすると、脳が不安やストレスを与えて、今までの自分に戻そうとするのです。

 

まぁなので変われなくても当然といえば、当然。

だけど、変われる人も多くいます。なぜ彼彼女らは変われるのでしょうか?

もちろん、失敗した時に根本的な原因を見つけられてないとか、目標となる理想像のイメージが足りないとか、原因の仮説を立てればキリがありません。

しかし、僕はその原因の1つに「自分が置かれている環境が悪いから」ということもあると考えています。

 

f:id:takahashi-kobe-2013:20161124013317j:plain

 

 

 

 

どんな環境なら変われるんだろうか

 

さてさてどんな環境なら変わることができるんでしょうか。

 

僕は変わることができる環境の1つに

メンターがいる環境」というのがあると思います。

 

ありきたりと言えば、ありきたりかもしれません。

でも人というのは、一人では脆く1度決めたことでも、明日になったら変えるみたいなことは多々あります。

しかし、そこに1人いるだけで全く違うものになるのです。

 

現に僕も仕事先の上司に

「お前なら大丈夫。絶対に〇〇できる。」

と言われ、そのおかげで少しずつですが変わることができました。

 

社会心理学にも「重要他者」という言葉があり、「自分にとって重要な位置を占める人」のことを指すのですが、人間は上司・友人・親といった重要他者から影響を受け、特に自己概念(自分に対する知識や特徴)には強い影響を与えるといわれています。

 

つまり、メンターという重要他者を置くことで、「自分は変わることができない」というような自己概念を変えることができるのです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

まぁゆとり世代の戯言かもしれませんが、自分を変えようと思っている人は是非参考にしてみてください。

「直撃 本田圭佑」が良かった件

f:id:takahashi-kobe-2013:20161122150940j:plain

 

1週間前にサウジアラビア戦がありましたね。

僕は用事があって生で観れませんでしたが、2-1で見事勝利していました。

サウジアラビア戦とは直接関係はしていないのですが、NewsPicksで本田選手の特集記事が目に入りまして、興味が出てきてAmazonでポチりました。

なかなか面白かったので、少しばかり紹介します。

 

 

ただのホラ吹きだと思ってませんか!?

 本田選手というと「ビッグマウス」やら「ホラ吹き」などの印象が強いは多いかもしれません。(現に本田選手について書いている2ちゃんねるにはそのような書き込みが続出します)なので3年前に本田選手が「W杯で優勝を狙う」と公言しているのを見て、「自分の実力を分かっていない人」、少し尖った言い方をすると「アホなんか」と思う人もいたかもしれません。

 

 ただこの本を読むと、本田選手は彼なりの理由があってそのような無謀なことを言っていたことが理解できます。

 

本田圭佑は「W杯で優勝を狙う」と公言し続けている。なぜか?それが奇跡を起こす唯一の手段だと信じているからだ。

2013年11月下旬、本田はモスクワで言った。

力が上の相手を倒すには、勘違いが必要なんですよ。波乱を巻き起すには、誰かが『あ、今日もしかしたら行けるかも?』っていう勘違いを芽生えさせなければならない。それができるという期待を、僕は自分自身にしているんです。」

 

 本田選手は自分たちの実力を理解し無謀だと分かった上で、「W杯優勝」という奇跡を起こすために故意に公言していたんですね。

 

 

 

 

ただのポジティブ野郎でしょ!?

 もう1つ本田選手のイメージとして「ポジティブ」や「楽観的」というのもありますが、それもまた彼自ら「そのようにしよう」として行なっているそうです。

 

---自分のやり方を変えることに不安はない?

---「オレが変わろうとしているときっていうのは、なんでもポジティブにやるからさ。ネガティブな要素をどうやってかき消すかということに集中して、良いところだけを見ようとして前に進んでいかないと。未来のことなんていうのは誰にもわからない中で、信念だけが支えになる・・・でしょう?必ずきっと上手くいくっていうことを信じて努力するわけなんで。あんまりその・・・今ここで不安があるとかどうかっていうことも、正直に告白するっていうこと自体が、自分の中にある弱さみたいなものを引き出す可能性があるし。そういうことはする必要がない。」

 

一流と言われる人は自分のことを客観的に見ている、ということは常々感じます。

自分を客観視するために批判も歓迎するし、驕り高ぶらない。ビジネスマンに限らず、スポーツマンでも「自分を客観視する」ということは一流の人の共通点なんだと思う今日この頃です。

 

 

f:id:takahashi-kobe-2013:20161122160558j:plain

 

 イメージトレーニングの重要性

 

 この本を読んで思ったのは、「イメージトレーニングの重要性」ということです。

本田選手は試合前に限らず、お風呂や寝る前など常に理想の自分や試合のシミュレーションをイメージするとのことです。

 

「極端に言うと、僕の場合、無理をして先に人格を作っちゃうんですよね。ヒーローとしての人格を作って、普段からそう振る舞うようにする。それを続けていたら、自分の本物と重なるんですよ。」

 

 理想の人格をイメージして、実践していく。そう考えると本田選手の数々の強気な発言などはどこから来ているのか分かるような気がします。

 

 ちなみにですが、イメージしたら実際に行動に移しましょう。

 トロント大学のジャネット・ポリヴィとC・ピーター・ハーマンの研究によれば、人間は目標を立てただけで、目標を達成したつもりになってしまう傾向にあるらしいので。笑

 

 

 まとめ

 いかがだったでしょうか。少しだけ本の内容を紹介しましたが、今まで抱いていた本田選手のイメージを覆された人は多いのではないでしょうか。

もしもっと知ってみたい方は是非読んでみてください。特に「自分は将来どうなりたいんだろう」とか考える就活生やビジネスマンにはおすすめです!

 

 

 

直撃 本田圭佑 (Sports graphic Number books)

直撃 本田圭佑 (Sports graphic Number books)

 

 

やっぱ文字よりイラストなんだって!

f:id:takahashi-kobe-2013:20161115133344j:plain

最近特に勉強する対象は決まってないけど、「勉強法の勉強」をしています。

なんでそんなことをしているのか、と聞かれれば「楽しいから」の一言に尽きるのですが、その中で参考になった理論を紹介します。

 

文字よりイラストで覚えよう

 「人の脳は画像などに比べ、文字や数字を処理する方が向いている」ということが言われていますが、実はそうではありません。

 

オランダのユトレヒト大学の心理学者であるJ・ピーク博士の実験によると、言葉だけのテキストを読ませたグループAと、イラスト付きのテキストを読ませたグループBとでは、イラスト付きのグループBを方がテキスト内容をよく記憶していることが分かりました。

 

またアメリカのウィスコンシン大学の調査でも、語彙を学ぶ時に言葉に映像を組み合わせると、記憶の保持率が2倍に高まる事実が判明しています。具体的には、「Automobile(自動車)」という英単語だけでなく、自動車の画像をその言葉と一緒に描くことにより、明らかに記憶が定着したのです。

 

f:id:takahashi-kobe-2013:20161115140003j:plain

 

マインド・マップも有効!?

 

「文字よりイラスト!」この理論を理解すれば、マインド・マップが記憶するために有効なことも分かるでしょう。

 

マインド・マップを知らない人に説明すると、

マインド・マップとは、イギリスの著述家トニー・ブザン(Tony Buzan )が提唱した思考・発想法の1つ。

頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

(Wikipediaより)

体系的に覚えたい項目がある場合、覚えたい項目をマインド・マップにまとめると、どこに何があったかを紙の上の場所(右上、左中央など)とセットで画像処理されるので、とても覚えやすくなります。

このときイラストを描くと、より記憶の定着率が上がります。

 

f:id:takahashi-kobe-2013:20161115142447g:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「記憶するなら文字よりイラスト!」

人によっては当然だったのかもしれませんが、いざ実践となるとしてなかったりします。

 

もし今まさに勉強している方がいれば、ぜひ実践してみることをお勧めします。

 

 

※マインド・マップはこの本がお勧めです

 

「マーケティング」の定義って曖昧だ

【ネスレ高岡×別所哲也】日本にはマーケティングがない

こういう記事を読むと思うんだけど、結構曖昧だよね。

一度「Webマーケティングコンサルティングを行っています」という人に、

マーケティングの定義は?』とか聞いてみたいんだけどね

 

さくっといきます

 

 

 マーケィングとは?

 結構曖昧ですよね、定義が

「マーケット」が「市場」っていう非常にマクロなものの上に、

そこに"ing"が付くって「何事!?」って感じなんだけど

 

かの有名なマーケィングの第一人者のフィリップ・コトラーによると、

マーケティング』とは、

『個人や団体が製品や価値を生み出し、

他人と交換することによって自らのニーズや欲求を満たすものを手に入れる手段』

である。

(出典:『コトラーマーケティング入門』)

とあります。一見するとわけわかりません。

 

でも、コトラーの意図をなるべく汲んだ上で簡単に説明すると、

 

マーケティング』とは、

 『標的市場(ターゲット顧客の集合体)のニーズを把握し、

   ニーズを満たす製品・サービスを生み出し、

    顧客と製品・サービスを交換するように操作すること

 

 

ということですね。

わざわざ「交換するように操作する」という文言を赤く太くしたんですけど、

その意図としては、「交換するように操作する」ということは

物流や広告もマーケティングの定義には含まれる

というお話をしたかったから

 

 

まあ図にしてしまえば、より簡単なんですけど

f:id:takahashi-kobe-2013:20160721145905p:plain

 

これら全て含めて「マーケティング」ってことですね。

だから冒頭の記事で述べているのは、

「日本の企業はマーケティング、特に標的市場のニーズの把握ができていない」 

 ということが述べられていたわけ。

 

【まとめ】成功者が共通して持つ「グリット」という能力

*このエントリーはTEDの『The key to success? Grit』を筆者なりにまとめたものです

 

動画内容としては至極真っ当なことが書かれていましたが、

客観的データを用いて立証されており、納得感が高かったので共有までに。

 

 

成功するために必要なのは、努力?才能?

長年にわたり議論されるこの問いに対して、

心理学者のアンジェラ・リー・ダックワースは、新たな説を提唱した。

それが「グリット」である。

 

成功するために必要な力、『グリット』とは?

アンジェラ氏曰く、

「グリット」とは、

物事に対する情熱であり、目的を達成するために長い時間粘り強く継続的に努力し、物事を最後までやり遂げる力

を指す。

と言われている。

これは「没頭する力」と言っても良いだろう。

 

 

成功要因が『グリット』である根拠は?

根拠としては、アンジェラのチームが現地調査を行い、

その結果として成功要因が『グリット』であると立証された、

と説明している。

(詳しいところは、動画を見ていただきたい)

 

『グリット』は才能か?

詳しいところは説明されなかったが、

アンジェラ曰く、

『グリットは後天的に習得可能であり、才能といわれるような先天的・遺伝的に決定されるものではない。』

という。

 

具体的に、どのように『グリット』を習得するのかは言及されなかったが、

『グリッド』が後天的に習得可能であるということだけでも、覚えていれば十分である。