××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

大学の授業について

大学の授業で僕が「面白い」と思う授業と「つまんない」と思う授業の判断基準が分かってきたので、メモ程度に記録しておく。

 

「面白い」と思う授業は、「どのような問いに答えているのか」が分かる授業だ。

最近面白かった考古学の授業は、その形式が少し盛り込まれており、

「実在していた郡衙の数は寺の数より多いのに、なぜ郡衙の遺跡の数は寺の遺跡の数より少ないのか」

という問いを予め説明して、解説していた。

 

この話は、授業に限らずプレゼンやスピーチに応用可能だ。

よく言われる「結論から先に言う」という話、「疑問形に落とす」という話だ。

 

・結論から先に言う

=目的を明確化する

・疑問形に落とす

=聞き手に仮説を立ててもらい引き込む

 

ということだろう。

(でも、自分のブログのタイトルが疑問形になってのは、読み手を意識あえてしてないから)