××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

「IT」って「Information Technology」の略なんだ

巷に言われる「IT」という言葉だが、バズワードと化していて、「そもそもITとは何か?」ということを調べようと思う人はいるのだろうか?

 

かく言う僕も、今日の今日まで積極的に調べようと思わなかったのだが、調べてみた。

アイ‐ティー【IT】[information technology]

《information technology》情報技術。コンピューター・インターネット・携帯電話などを使う、情報処理や通信に関する技術を総合的に指していう語。国際的には、ほぼ同じ意味でICT( Information and Communication Technology )(情報通信技術)が広く使われる。 

 うん。日本で言われるITの意味は、ICTの意味だね。

情報自体は何も変わってなくて、伝達・通信手段がPCやスマートフォンによって変化したんだから。

今後は僕はICTという言葉を使います。。。はい

 

それでなんですけど、「ITによって、...(ヤバい的なこと)」を言われるけど、何がヤバいんですかね?どうヤバいんですかね?なんでヤバいのか?

今の今まではその想像力が足りなかったんだけど、考えてみたら確かに「ヤバい」(若者言葉チェケらって感じ)

 

 

そもそも先ほども言ったように「IT(詳しくはICT)」というのは「情報通信技術」のことを指す。

もっと砕けた言い方をすれば、「どうやって情報を届けるのか」「情報を届ける方法」である。

 

だから「ICT」とは「人に情報を届ける方法」と訳すことができる。

わかってきたと思うけど、だから飛脚とか手紙とか通訳士も「ICT」です。笑

だから「ICTの力で、世の中が変わった」ってのは、以前から存在してたんだから、少しおかしくて、

「ICTが発展したから、世の中が変わった」

ってのが正しい表現だと思うんだ。細かいけどね。

 

 

 

じゃあ「ICTが発展する」ってどういうことなんだろう?

分かりづらいから日本語にすると、「人に情報を届ける方法が発展する」ってどういうことなんだろう?

 

それは「なんで人は情報を届けたいのか」を考えれば、すぐに分かる。

「自分を知って欲しいから」「自分という感情を持った複雑な生き物を知って欲しいから」。

商品の広告とかも、広告としては「この商品に魅力を感じている自分を知って欲しい」のである。

 

だから「早く」知って欲しいし、「正確」に知って欲しい、そして「多くの人に」知って欲しい。

 

つまりここから「人に情報を伝える方法が発展する」とは、

「より早く、正確に、より多くの人に、情報を伝わるようになる」

といえる。

 

 

 

じゃあ何がヤバいのか?

「自分の戦う相手が、自分がともに戦う味方が、町・県・国に止まらない」

ということである。

 

今までだったら、戦うべき相手は同じ町の本屋だったかもしれない、同じ県の高校だったかもしれない、同じ国の食品業界だったかもしれない。

 

だけど、どこにどんな需要があるのか瞬時に分かるようになり、すぐにモノが届けられるようになった(まだまだ安く・早くなる余地はある)

 

だから、もっともっと視座高く世の中を見るべきじゃないか

 

toyokeizai.net