××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

好きなことを仕事に論

「好きなことを仕事にする」のは甘くない。凡人がぶち当たる「4つの壁」について。 : まだ東京で消耗してるの?www.ikedahayato.com

 
就活していると、この手の「好きなことを仕事に論」が出てくるから、それに関しての意見をば。
 
 
自分としては、好きなことを仕事にしたいと思う。
 
自分は別にお金が欲しいわけでも、ステータスが欲しいわけでも、高級車が欲しいわけでもない。
 
そんなものが欲しい人は「他人からどう見られるのか」を気にしてる虚しい生き方だとも思ってる(あくまで個人的な主観です)
 
 
だから最悪死ななければイイ。(死ぬのだけは絶対嫌)
いわゆる今流行りのミニマリストとかいうやつなのかもしれない。
 
 
でも、生きて、死の恐怖から逃れるためには好きなこと、没頭できることを見つけ、没頭しなければならない。
 
 
だからこそ自分は生きている限りはやりたいことをやりたい。没頭できることに没頭したい。
 
 
 
 
まぁそんな理由から好きなことを仕事にしたいと思う。
(中途半端な好きじゃなくて、オタクと言われるぐらい好きじゃないと「仕事(他者への貢献)」として成立しないのは当然ではある。)