××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

人工知能と人間との戦い

ここまでできた! 経営判断を下す日立のAI:日経ビジネスオンライン

経産省だったか内閣が発表した「第4次産業革命」に関する中間報告資料にも書いてあったけど、ホントに最近
「これから成長する職業なんてないんじゃないか」
と思う。

それには明確な理由があって、唯一人間ができる行いである「考える」という作業すら、人工知能ができるようになっているから。

有名なところでは、ボードゲーム人工知能が人間に勝利した。というのだけど、
今日載せた記事は
経営判断すら人工知能が行う」
という記事。

いや、これ見た瞬間思った。
「経営コンサル要らないじゃん」

経営コンサルが行っていることは、膨大な量のデータを「収集」し、そのデータから企業にとって良い経営判断を「論理的に導き出す」

この「収集」「論理的な結論の導出」という作業って人工知能ができるんですよね
現にその結果が囲碁での勝利だし

だから最後に残されるのは、信頼などの「思い」しか争うことができる土俵がない。


だから最後今自分が見えるのは、人間が皆遊んで暮らしている世界。
聞こえはイイが、途轍もなくつまらない世界。

「誰かに貢献すること」が「遊び」である、「娯楽」である、という価値観や思いを持った人間しか仕事しなくなるのでは。

だからこそ何に対して「思い」があるのか分からない自分は就職活動を思いとどまる