読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

瞑想・ゾーン・マインドフルネス

最近「マインドフルネス」という言葉が流行っているので、自分なりに情報を整理してみた

 

「マインドフルネス」とは?

まず「マインドフルネス」の定義を説明しておくと、

「マインドフルネス」とは、

「今自分に起こっていることに対して、フラットに注意を向けた状態」

より簡単に言ってしまうと、

「今自分が行っている行為に全力を傾けている状態」

と言える。

 

この状態は「ゾーン状態」や「フロー状態」と言われている。

 

 

どうやったら「マインドフルネス」になれるのか?

さきほど書いたように「マインドフルネス」とは、いわゆる「集中状態」である。

どのようにそのような集中した状態を作るのかというと、

「瞑想(メディテーション)」

である。

以下少しだけ、そのやり方を説明します。

 

 

マインドフルネス瞑想のやり方

  • 楽な姿勢になる(座った状態でも横になった状態でもOK)
  • 目を閉じる
  • 大きく深い呼吸をする
  • 深呼吸しながら、呼吸の回数を数える
  • これを15分間以上行う

 

見てもらえば分かるように、

目を閉じて呼吸の回数を数えることに集中するだけです。

 

 

なぜ今「マインドフル」が注目されているのか?

これはGoogleが「マインドフル研修」を社員に取り入れ始めたのを皮切りに、

「マインドフル」が注目され始めました。

 

なぜ「マインドフル」が注目されているのか?

これは単に社会が複雑化し、かつ自由になっているからである。

管理職になればもちろんだが、今の社会が複雑化し、自由度が高くなったことから、

管理職でなくとも、一般人に対しても多くの意思決定が求められる世の中になった。

 

多くの意思決定が求められると、どの意思決定から行うのかという問題が付きまとい、

今行っている行為に集中できなくなってしまう。

 

このような潮流から意思決定を円滑に行う、今の行為に集中すること(=『マインドフルネス』)ということに注目が集まり、そのための『瞑想(メディテーション)』の注目が集まっているのだ。