××のつくりかた

大学生のような、大学生でないような。 そんな人間が僕のつくりかたを書いています。 僕をつくりたい方は読んでやってください。 基本は反面教師的に読んでください。

「マーケティング」の定義って曖昧だ

【ネスレ高岡×別所哲也】日本にはマーケティングがない

こういう記事を読むと思うんだけど、結構曖昧だよね。

一度「Webマーケティングコンサルティングを行っています」という人に、

マーケティングの定義は?』とか聞いてみたいんだけどね

 

さくっといきます

 

 

 マーケィングとは?

 結構曖昧ですよね、定義が

「マーケット」が「市場」っていう非常にマクロなものの上に、

そこに"ing"が付くって「何事!?」って感じなんだけど

 

かの有名なマーケィングの第一人者のフィリップ・コトラーによると、

マーケティング』とは、

『個人や団体が製品や価値を生み出し、

他人と交換することによって自らのニーズや欲求を満たすものを手に入れる手段』

である。

(出典:『コトラーマーケティング入門』)

とあります。一見するとわけわかりません。

 

でも、コトラーの意図をなるべく汲んだ上で簡単に説明すると、

 

マーケティング』とは、

 『標的市場(ターゲット顧客の集合体)のニーズを把握し、

   ニーズを満たす製品・サービスを生み出し、

    顧客と製品・サービスを交換するように操作すること

 

 

ということですね。

わざわざ「交換するように操作する」という文言を赤く太くしたんですけど、

その意図としては、「交換するように操作する」ということは

物流や広告もマーケティングの定義には含まれる

というお話をしたかったから

 

 

まあ図にしてしまえば、より簡単なんですけど

f:id:takahashi-kobe-2013:20160721145905p:plain

 

これら全て含めて「マーケティング」ってことですね。

だから冒頭の記事で述べているのは、

「日本の企業はマーケティング、特に標的市場のニーズの把握ができていない」 

 ということが述べられていたわけ。