××のつくりかた

自分のつくりかた

今求められることと将来求められることの間

事業や人の分析方法としてwill,can,must(needs)という分類による分析方法がある。

キャリアの歩み方としてのneedsの捉え方が今回の話である。

 

"needs"とは簡単に言えば、「社会が求めていること」。

なにか事業を起こすにしても、お金を社会から貰う以上は社会が求めていることと提供するものが合致していないと貰いようがない。

 

そしてそれは人のキャリア形成でも同じで今髷の結い方を知っていたところで社会は髷の結い方を求めていない(エンタメとしてはあるかもしれないが)ので、お金をいただくこと、キャリアを形成することは難しい。

 

そのようにキャリアを形成する上でのneedsの考え方を踏まえた上で、考えておきたいことは、「将来的に社会が求めることと現在社会が求めていることのバランスを見極めて、タイミングを考えよう」という話である。

 

社会が求めていることは常に変わってしまう。先ほどの髷の結い方にしても、江戸時代であれば社会は求めていたであろう。しかし明治時代になればその需要は徐々に減少し、最終的に現在では0に等しい状態になっている。

 

これと同じように現在は社会に求められているが、将来的に必要なくなってしまうことが現在数多く存在する。例えば、HTMLやCSSで簡単なHPを作成する技術は一見必要性があるように見えるが、WordPressなどのSaaSの開発や途上国の安価な労働確保が進むとしたら将来的な需要は限りなく低いであろう。

大学に行くこと、つまり「学歴」も将来的な需要を考えたら必要性は低くなるであろう。

 

しかし、だからといって今大学に行かないという選択ができるかと言われば、そうもいかないのが難しいところである。