××のつくりかた

自分のつくりかた

【感想】新しい分かり方 (佐藤雅彦著)

10月のコルクラボの課題図書として、最近出版された佐藤雅彦さんの「新しい分かり方」が紹介された。

 

早速、渋谷の書店に行き購入して、昨日今日で読んでみた。

 

はじめ、本を開いた時は少し驚いてしまった。先月の課題図書が文字びっしりの書籍だっただけに、覚悟して本を開いたら写真が2枚。そこには文字は一言もない。ただそこには自然と「解釈」が生まれた。

 

読み進めていくほどに引き込まれていった。自然と「解釈」し、「分かる」自分がいたし、解釈を考えようとする自分がいた。

 

そして、この本の面白いと思ったのはそのような解釈を自然としてしまった「体験」を「体験」で終わらせない点だ。その解説があり、さながら美術館や科学館のようだった。

 

ここまでの話を読むと「画集かな?」と思うのだけど、そうではない。ハードカバーの本で、さながら画集とは思えないし、画集とも構成が異なっている。僕はそこに「この本は『本』じゃない」とも思った。

 

この本は『本』の持つ固定概念を外して、

「本はメディアの1つであり、コミュニーケーション手段なんだ」

と再認識させてくれる。

もっと砕いて、

「本は『紙を用いて、コミュニケート(意思伝達)するメディア』なんだ」

と気付かせてくれる。

 

詳しい内容は差し控えるが、

・『紙を用いて、コミュニケート(意思伝達)するメディア』を使う

佐藤雅彦さんが伝えたいメッセージ(意思)を伝える

という前提に立った時に、「最も伝わる方法は何か」を考え抜かれていると本だと感じた。

 

いかにメッセージを送る側に情報を「自分ごと」にさせるか、そのヒントがこの本にはある。

 

 

 

またこの本を読んだ時に思ったのが、「リアル脱出ゲーム」と「ナーチャリング」である。

 

リアル脱出ゲームは、「体験」を通してストーリーの良さや設計者の意図をメッセージとして理解する。今まで体験は、非日常というかハレのものだと思っていた。しかし、今回の体験は「本」という日常の延長にあったのだ。確かに体験を通じたコミュニーケーションという意味では同じかもしれないが、そこには新たな気付きが確かに存在した。

 

もう1つの「ナーチャリング」とは、Webマーケティング用語の1つで、簡単に言うと「潜在ユーザーを育成して、顕在ユーザーにすること」でコンテンツマーケティングの用語として使われる。

分かりやすい例としては、会員登録して会員になった人に対して定期的にメルマガなどを送り、関心度を上げていくのはナーチャリングの1つである。

ナーチャリングとは、先ほど説明したが「Aという商品が欲しい」や「Aということがしたい」というニーズを顕在化、つまりその人自身に認識させることである。これはつまり、Aというものを「自分ごと」にさせるのがナーチャリングなのだ。(厳密には「自分ごと化」させる手法の1つがナーチャリング)

 

そうすると、今回の本で「自分ごと化」させるために「体験」と「解説」という手法を用いたが、同じように既存のコンテンツマーケティングの領域にも「体験」と「解説」は活用可能なんじゃないか。

 

 

 

話が少し逸れてしまったが、今回の本を通して

・本というのはメディアであり、コミュニーケーションの手段

・体験を通して、情報を自分ごと化させるコミュニーケーションの可能性

であることを深く感じると同時に、メッセージ・テーマのあるメディアの美しさを再認識した。

 

だからこそ書籍でも、イベントでも、コミュニティでも、メッセージやテーマの必要性を改めて感じ感じた。