××のつくりかた

自分のつくりかた

自分の特性を知ろう

途中でブログが消えたので、端折る。

 

自分の特性を知ろう。ツールは一杯ある。

自分の特性、つまり自分がどんな環境に身をおけば、モチベーションが上がるのか知っておけば、自分自身をコントロールできるようになる。

 

おすすめのツールは3つ。

 1.ストレングス・ファインダー

 2.エニアグラム

 3.FFS診断

もう面倒だから、説明は飛ばす。

 

自分の結果だけ言うと、

1.ストレングス・ファインダー

 1.戦略性

 2.収集

 3.内省

 4.原点思考

 5.回復思考

 

2.エニアグラム

 タイプ5の研究者とタイプ4の芸術家が同じ点数

 

3.FFS診断

 1.弁別性

 2.保全

 3.拡散性

 4.受容性

 5.凝縮性

 

これらの診断を見るだけで、

「自分は戦略とか【考える】という行為が強みなんだ。逆を言えば、実行力は結構弱みだなぁ」

と分かってくる。

戦略とか情報収集とか研究者という単語だけで、分かってくる。

 

これら3つのツールにプラスして、

1.マーティン・セリグマンの理論

2.リンクアンドモチベーションのエンゲージメント分類

などは参考になる。

 

具体的に言うと、

1.マーティン・セリグマンの理論というのは、最近出版された「モチベーション革命」に載っていた、心理学者のマーティン・セリグマンが提唱した理論で、

「人の欲望は5つに分類される。

 1.達成欲

  2.快楽  

 3.意味合い  

 4.人間関係  

 5.没頭」

と唱えている。

この分類された中で、自分が今までモチベーションが上がった瞬間ってどんな時だろうと考えると、自分の中でしっくりくるものがある。

自分の場合、「没頭」と「人間関係」だったりする。

 

2.リンクアンドモチベーションのエンゲージメント分類というのは、先日リンクアンドモチベーションの麻野さんの話を聞く機会があり、その際に教えていただいた分類だが、

「人が組織にエンゲージメントを示す背景には4つあって、

 1.目標の魅力(理念やブランド)

 2.活動の魅力(業務内容)

 3.組織の魅力(風通しの良さや経営陣の魅力)

 4.待遇の魅力(給与や設備)

と分類される」

この分類も同じく自分がモチベーション上がった時はどんな時かと考えると、自分が自分自身に用意すべき環境の条件が分かってくる。

これも自分の場合、「活動の魅力」と「組織の魅力」だった。

 

このように色々なツールやフレームワークを用いて、自分自身を分析してみると徐々に自分のモチベーションが上がる環境がどのような環境なのか分かってくる。

 

自分の場合だと、

「責任感や使命感ではなく、自分が魅力的だと思える人の下で好きなこと(情報収集して戦略を考える)ができる環境を整えたら、モチベーションは上がりそうだ」

という仮説を立てることができる。

 

今後「個人の時代」に徐々に変化していく中で、個人としてのモチベーションを最大化して、大きなパフォーマンスを上げることはより重要度が増してくるだろう。

 

最近、就活生含めてキャリア系の相談が増えてきたので、なんかしようかな